ターゲットを考える

求人媒体にはいくつもの種類がありますが、求める人材によって効果のある求人媒体は異なります。そのため、ターゲットに合わせた求人媒体を選びましょう。

折込チラシの場合は新聞を定期購読している家庭に届けられます。そのため、40代~60代の求職者の目に触れるでしょう。逆に20代~30代の家庭は新聞を取っていないことも多いので、そういった年代を求めている企業にとって折込チラシは効果が薄いでしょう。しかし、両親と同居している20代~30代であれば、折込チラシが効果を発揮することもあります。

ハローワークは都道府県労働局が運営しているため、地元の知識や経験を持つ40歳以上の求職者に効果があります。そして、ハローワークのメリットはこれだけではありません。ハローワーク側が企業の求める人材を紹介してくれる場合があるのです。

そして、フリーペーパーはコンビニやスーパーなどに設置されます。そのため、幅広い年代の求職者の目に触れるでしょう。特に地域に密着した企業は高い効果が期待出来ます。

近年増加している求人サイトですが、企業の求める年代、能力、経験などのマッチした人材を集めることが出来ます。そして、正社員、アルバイトなどの雇用形態に応じた募集も可能です。