多様化する求人媒体

どのような企業でも優秀な人材の確保が重要な課題となっています。特に近年は少子高齢化になっていることから労働力の不足も問題となっているのです。そして、時代の移り変わりによって求人媒体も変化を続けています。そのため、時代にマッチした求人媒体選びをしなければ、人材の確保はより困難になってしまうでしょう。

しかし、求人媒体とひと言に言ってもそれは多様になっています。求人媒体によって求職者は求人情報をキャッチして応募をしているのです。この求人媒体には3つの種類があり、ひとつは雇用対策を展開するハローワーク、2つ目は求人媒体運営会社によって運営されている求人媒体、3つ目は求職者が登録する派遣会社です。

特に求人媒体運営会社による求人媒体は多様になっており、これまでは新聞や求人雑誌、フリーペーパーなどの紙媒体が中心でした。しかし、近年はインターネットが発達したことから、求人サイトや転職サイトなどのウェブが中心となっています。さらに、SNSやメッセンジャーアプリも登場していることから、より多様なウェブ展開を見せているのです。そして、どのような企業もホームページを持つ時代となりましたが、そういったホームページに求人情報を掲載するケースも増加しています。

求人媒体がこれだけ多様になっているだけでなく、コスト面や情報発信力にメリットとデメリットが存在しています。こちらではそれぞれの求人媒体の特徴について解説いたします。


▼ 求人媒体に関するおすすめサイト ▼
求人媒体の1つであるマイナビバイトは積極的にプロモーションを行っているので、多くの人材を確保したいときにぴったりです。具体的な掲載プランなどは、こちらのサイトが参考になります ⇒ マイナビバイト 掲載